投資用ワンルームマンションの購入~楽しくビギナー投資~

投資を始める

物件を購入するときの平均的な予算とは

money

中古マンションは新築と比べて価格が割安なので、不動産投資初心者に最適である。とりわけ1000万円以内の物件は個人の投資家に人気があり、投資用物件の情報サイトでも人気が上昇中である。また300万円前後で購入可能な地方都市の物件であれば、ローンを借りずに即金で購入するのに最適であろう。そして近年ではファミリータイプの格安な中古マンションを購入する人も増加傾向であり、リフォームを前提に物件を選ぶのがトレンドである。またアクセスが便利な駅前の物件はすぐに入居者が確保できるので、築年数が古くても収益性の高さが魅力的である。したがって中古マンションへの投資経験が豊富な人の場合には、築年数よりも立地条件の良さにこだわって、1000万円前後の物件を購入するのが一般的である。

リフォーム工事込みの総予算の傾向

リフォームをしてから入居者を募集するのが、賢い中古マンション投資のテクニックである。そして物件の購入計画を立てる場合には、マンションの本体価格に加えて3割から5割程度の工事費用を上乗せするのが理想的である。したがって1000万円の中古マンションを買う場合には、工事費込みで総額1500万円程度の費用を見積もるのがポイントである。また500万円程度のリフォーム予算を確保することで、水回りをすべて交換できるだけではなくて、クロスの張り替えも行えるのが魅力的である。そのために古い物件であっても、入居希望者が魅力を感じるような室内に仕上げることも可能である。また前もって工事を行うことで、割高な家賃設定でも短期間で入居者を確保できるのが一番のメリットであろう。